撮 乗 食 考

stkic.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 05月 ( 24 )   > この月の画像一覧


2006年 05月 21日

四国野宿ツーリング~有明

d0046316_162427.jpg
[*istDS + DA40mm]

d0046316_16241098.jpg
[*istDS + DA40mm]

早朝5時に東京有明着。

テレビもラジオも、ネットも見ない6日間だった。朝6時に目が覚めて、夜10時にはテントで寝る。昼間はずっと走っていた。

でも東京に着いたら一瞬で日常に逆戻り^^;
家に帰ってテレビ見て、メールチェックして、昼過ぎまで布団で寝ました。
d0046316_16511270.jpg

[PR]

by stkic | 2006-05-21 16:51 | バイクいろいろ
2006年 05月 18日

四国野宿ツーリング~高松

d0046316_2421264.jpg
[*istDS + DA40mm] Picasaでウォームフィルター処理

d0046316_243850.jpg
[FX01]

d0046316_2435220.jpg
[FX01]

d0046316_11483984.jpg
[FX01]

d0046316_2442975.jpg
[FX01]

d0046316_2453158.jpg
[*istDS + DA40mm]

d0046316_2463691.jpg
[*istDS + DA40mm]

d0046316_2472113.jpg
[FX01]

d0046316_2474764.jpg
[FX01]

林道を抜けて高松に向かう。最終日の目的はもちろん「さぬきうどん」!

地のものを食べに行くのは、旅行のメインイベントのひとつ。その点さぬきうどんは、宇都宮のぎょうざ、仙台の牛タンなんかよりキャラが立ってる。ウンチクとか噂とか、知る人ぞ知る、とか、そういうサイドストーリーが楽しいのだ。

というわけで、事前に行きたい店をピックアップして、営業時間を狙って行ったんだけど、GW中で臨時休業。うーん、無念。。。orz

仕方ないので、繁華街にあるような店や、サービスエリアでもさぬきうどんを食べる。うどんはまあそこそこだったんだけど、おでんが美味しかった! からし味噌みたいなのをつけて食べるんだけど、これは東京では見ないなあ。

というわけで、リベンジを誓いつつ帰りのフェリーに乗りました。
[PR]

by stkic | 2006-05-18 02:49 | バイクいろいろ
2006年 05月 17日

四国野宿ツーリング~佐多岬・道後温泉・剣山スーパー林道

d0046316_13561.jpg
[FX01] 佐多岬の漁港。平野部がなく、山間部から急峻に海につながる様子がわかる。

d0046316_1353135.jpg
[FX01] 松山自動車道・伊予灘SAにて。魚の入った冷や汁をご飯にかけて食べるもの。名前忘れちゃった。でもうまかった!

d0046316_1354876.jpg
[FX01] 道後温泉本館。老舗の貫禄。

d0046316_1365956.jpg
[FX01]

d0046316_1371676.jpg
[FX01]

d0046316_1373317.jpg
[FX01] 剣山スーパー林道走破。この充実感!

地元のおとうさんいわく、「四国は山と海ばっかり」だそうで、それはつまり、バイクで走るにはもってこいということだ。実際、海岸沿いのワインディングから10分も入ると、すぐに山道風情のワインディング。走っていて飽きることがない。

それから、これは地理的な要因だと思うけど、コンビニやファミレスのハデハデな看板をあまり見かけない。消費者金融にいたっては見かけた記憶がない。これが判で押したような地方都市の景色とは決定的に違うところ。

加えて、集合住宅が少なく、入母屋造りの重厚な日本家屋がやたらと目に付く風景。もう、ながめてるだけで懐かしい気分になってくるのだ。

四国は道も景色もよかった。
[PR]

by stkic | 2006-05-17 02:09 | バイクいろいろ
2006年 05月 14日

四国野宿ツーリング~動画編

d0046316_23473981.jpg
FX01をクリップ三脚でハンドルに固定して、動画を撮ってきました。予想通り、手ぶれ補正と広角は動画に効きます。

動画フォーマットがmov形式なので、かなり重いです。スミマセン。ウインドウを大きくすると見やすいです。オススメ順にどうぞ。

狭小屈曲路マニアにはたまらない439線。GW真っ只中というのにこの交通量の少なさは四国ならでは。(69MB)

・下のエントリーの一枚目の竹林です。高知市内から海岸線に抜ける道。地図では立派な県道なんですが、実際はこんなんでした。(136MB)

・足摺岬手前の海岸線。瀬戸内とは対照的な荒涼とした海岸線。海に飛び出すようなワインディング。クルマが少なくて気持ちよく走れます。(28MB)

四万十川の沈下橋。水位が上がるとなくなってしまうそうです。(16MB)
[PR]

by stkic | 2006-05-14 00:08 | バイクいろいろ
2006年 05月 13日

四国野宿ツーリング~四万十川周辺

d0046316_0315262.jpg
[FX01]

d0046316_0331524.jpg
[*istDS + DA40mm]

d0046316_0333290.jpg
[*istDS + DA40mm] 土佐くろしお鉄道。とんでもない山奥を走る。のんびりと電車の旅もいいな

d0046316_0335165.jpg
[FX01]

d0046316_0341161.jpg
[FX01]土佐大正駅近くの定食屋にて。

d0046316_0343241.jpg
[*istDS + DA40mm]四万十川のほとりで野営しました。

時間が止まったような土佐大正の町でかつおのたたき定食。割烹着のお母さんが給仕してくれます。
八百屋みたいなスーパーで高校生がお菓子を買い、レジのおばちゃんに挨拶をしていました。
[PR]

by stkic | 2006-05-13 00:49 | バイクいろいろ
2006年 05月 12日

四国野宿ツーリング~徳島・高知

d0046316_017431.jpg
[FX01]

d0046316_0181583.jpg
[*istDS + DA40mm] 初日は安田川のほとりでテント泊。

d0046316_0194715.jpg
[FX01]

d0046316_0204052.jpg
[FX01]

d0046316_0211258.jpg
[*istDS + DA40mm]

d0046316_0213340.jpg
[*istDS + DA40mm] 高知市内はカラフルな路面電車がひっきりなしに通る。これは有名な「ごめん」行。

d0046316_0225356.jpg
[*istDS + DA40mm] 四国で初のうどん!高知ではあまりうどん屋は見かけない。

上陸して、まずは徳島から高知方面に南下し、時計回りに海岸沿いを走った。高知市内に入ったのは2日目のお昼。大都会が突然現れたように感じた。

人口規模としてはさほどの都市ではないが、関東近郊の地方都市のような、さびれた感じというか、あきらめた感じというか、がしない。誇りというと大げさだけど、高知が好きで、根を張って暮らしてるという雰囲気が活気として感じられる。関東のあたりでは感じない価値観というか。これは四国全体を通じてあって、新鮮に感じた。
[PR]

by stkic | 2006-05-12 00:33 | バイクいろいろ
2006年 05月 11日

四国野宿ツーリング~徳島着

写真たくさん撮ってきました。順を追ってつらつらとあげていきます。
d0046316_23544871.jpg
[FX01]
d0046316_23552395.jpg
[FX01]
d0046316_23555482.jpg
[FX01]
d0046316_23561113.jpg
[*istDS + DA40mm] 徳島港にて。夕方に出て翌日昼過ぎに到着します。

フェリーはとにかく辛かった^^;
18時間ゆらゆらと揺れ続けるのはもちろん、寝台船ということで、パジャマで歩き回る乗客や、さわがしい酒盛りの集団、いろんなものが入り混じったニオイなどなど。
特に二等寝台はヒドイ。ブタ小屋のような部屋の中で、たたみ一畳弱のエリアをいちおう与えられるが、薄汚れた毛布を渡されて、床に直接横になる。左隣で寝るオヤジはイビキがものすごく、右隣のにいちゃんはパンツ丸出しで、時おり腕を投げ出してくる。
とても眠れなかったので、甲板に座って寒いなか一晩中本を読んだ。ある意味忘れられない体験です。
[PR]

by stkic | 2006-05-11 00:11 | バイクいろいろ
2006年 05月 09日

四国野宿ツーリングまとめ~パーツ編

d0046316_21574895.jpg
[FX01] 土佐くろしお鉄道の踏み切りにて。急いで撮りました^^; 信じられない山奥を電車が通ってます。

■ワイズギア フリースタイルバー
・ノーマルを半年使ったけど、自分の体格(170cm)だと腕が突っ張り気味。ポジションが固定されて疲れるので交換。
・さすがワイズ。スイッチボックスのツメをはめる穴も開いてて、20分くらいで簡単装着。
・ノーマル比グリップ一本分くらいアップ&幅はたぶん5cmくらいせまくなって、肩ひじ周りに余裕ができる。結果的にポジションの自由度が高くなった。リラックスして乗れる。
・ブレースバーが入った鉄製のしっかりしたつくりで、ハンドルバー周りの剛性アップ。ブレーキ時のしっかり感が格段に違う。

■デイトナ ゴールデンパッド
・ノーマルは制動トルクの起ちあがりが物足りなかった。またリリースのときの粘り感も気になった。
・デイトナのゴールデンは、制動トルクはもうちょっとカツンときてもいいと思うけど、ほぼ満足。リリースもすっきりしてフロントの沈み込みを思うように決められる。

■オイル
・あったまるとタペット音(カチカチカチ・・・)が気になったので10W-40に変更。
・始動性を悪くしたくないので下は10W、あったまってからはちょい硬め40ということでホンダのULTRA G3。ヤマハのエフェロでも良かったんだけど、定評あるホンダのオイルということで。
・ホームセンターで1リットル1500円。あと200mlはストック缶から補充。量が少ないから高いオイルでも気軽に使えますねー。
・結果は狙ったとおり。メカノイズがぐっと減ってエンジンの質感アップ。
・タペット音はまだちょっとするので調整が必要かも。

■ワイズギア ステップラバー
・チェンジペダルの角度が相対的に下がるので、足首がだいぶ楽になりました。

■シートカバー
・アンコ盛り効果を狙って。ニトロヘッズでは絶版みたいだけどヤフオクではまだ出てます。3800円でゲット。
http://page5.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/e55203112
・正直、ひざの曲がりは改善された気がしないんだけど、あきらかにケツにはやさしくなった。
・シートとのフィッティングは問題なし。パッと見シートカバーには見えないくらい、ぴったり装着できます。
・雨が降ると縫い目から水分がしみこんで乾きにくい。表面が乾いているからといって乗ると、おしりがしっとりすることもあります。
[PR]

by stkic | 2006-05-09 22:03 | バイクいろいろ
2006年 05月 08日

四国野宿ツーリングまとめ~装備編

■EZ助手席ナビ
d0046316_23255175.jpg
・ケータイホルダーとイヤホンで使用。イヤホンはメットをかぶってもしっかり耳に装着できるインナーイヤータイプ。ビクター「MRL30」で300円くらい。
・ナビゲーション性能については言うことナシ。国道439線の山奥で、一度だけ電波が届かず案内中断したが、そのほか全行程で問題なくルート案内してくれた。
・問題は、バイクツーリングのように、走るルートそのものが重要な場合、ルートを思い通りに引くのが難しい。そもそもナビとは、目的地までの最短ルートを案内するからだ。
・なのでたとえば、走りたい道路の入り口を目的地設定するなどの工夫が必要。
・逆に「どこどこのラーメン屋に行く」などのシチュエーションは得意。
・助かったのはスポットデータベースの新しさと豊富さ。オンラインナビなので地図もスポット情報も常に最新。高松でビジホを探したときは、助手席ナビで検索>予約してそのままルート案内という便利さ。
・耐候性、セキュリティ、重量、ナビ性能、運用しやすさ、もちろんコストもポータブルナビより優れる。
・電池はフル充電で半日くらいなので、予備バッテリーか充電グッズが必要。


■デジカメ「FX01」
d0046316_23262774.jpg
11号線から瀬戸内海を走行中に撮影
d0046316_2327794.jpg
高松市街でスローシャッター&セルフタイマーで遊ぶ

・広角は風景写真&動画でかなり役立つ。
・動画を撮ったら、手ぶれ補正がバイクの振動をほとんど吸収するほどの威力!これには驚いた。
・ただ動画フォーマットがMotionJPEGなので、かなり容量を喰う。最高画質で1ギガで15分くらい。QVGAサイズでも30分ちょっと。
・MPEG4対応デジカメならこの3倍くらいは撮れる。サンヨー、カシオ、ソニーの一部機種。
・広角&手ぶれ補正で、車載&ツーリングカメラとしてリコーR4と双璧。あとはMPEG4動画があれば最強なんだが。。。


■デジカメホルダー「HCS-23」
http://www.hakubaphoto.co.jp/hakuba/product/02accessory/302189.html
d0046316_23273436.jpg
高松駅ビルを夜景モードで。三脚として利用。

・ブレースバーに固定。
・普通の三脚としても機能するので、動画はもちろん静止画にもつかえる。
・走りながらシャッター押したり、動画撮ったり。
[PR]

by stkic | 2006-05-08 23:47 | バイクいろいろ
2006年 05月 05日

東京湾

d0046316_5191428.jpg

いやー長かった(^^ゞ
650kmを18時間かけて戻ってきました
海から見る東京は、ほかのどんな街とも違って見えます。
--
fromモバイル
[PR]

by stkic | 2006-05-05 05:19