撮 乗 食 考

stkic.exblog.jp
ブログトップ

タグ:バイク ( 12 ) タグの人気記事


2008年 06月 16日

関東 峠めぐり その7 大菩薩ライン~大菩薩初鹿野線

d0046316_0252929.jpg

中央道の上野原ICを降りて、しばらく登っていくと入り口がある。

大菩薩ラインは路面がかなり荒れていて、ハンドルを取られて怖い。すぐ下の路面を見ながら走る。

センターラインはあるものの、直線とヘアピンをつないだような構成で、バイクだとリズムに乗れない感じ。楽しくない。ドリフトには最適なんだろうな。

大菩薩初鹿野線は、センターラインはないものの交通量がほとんどなく、いい感じのカーブが続く緑深い道。ここは楽しかった。ふもとにいい感じの日帰り温泉あり。
[PR]

by stkic | 2008-06-16 00:33 | バイクいろいろ
2008年 06月 16日

関東 峠めぐり その6 奥武蔵グリーンライン

d0046316_23532132.jpg

深い木立の中を走る狭い峠。センターラインはなく、チャリダーやハイカーがたくさんいるので、飛ばすというより雰囲気を楽しむ道。路面はかなり荒れている。ワインディングというより林道かな。

入り口のところに鎌北湖という小さい湖があった。静かでいい感じ。あと、顔振峠あたりに雰囲気のよさげなカフェがあった。

今度はモンスターじゃなくて、トリッカーでのんびり走りたい。
[PR]

by stkic | 2008-06-16 00:23 | バイクいろいろ
2008年 06月 15日

関東 峠めぐり その5 奥多摩周遊道路

d0046316_23354327.jpg

奥多摩湖に沿って走るワインディング。湖の周りを走る道路は、フラットで良い感じのカーブが続くワインディングが多く、この道も道自体はかなりいいのだが、全線に渡ってゼブラ・センターポールの波状攻撃でちょっとゲンナリ。おまけにパトカーも待機していて、走っていて楽しくない。

通行料無料。交通量は少なく、ほとんどが走り屋。
[PR]

by stkic | 2008-06-15 23:35 | バイクいろいろ
2008年 06月 02日

関東 峠めぐり その4 芦ノ湖スカイライン

d0046316_23433085.jpg

箱根スカイラインほどじゃないけど、路面状態が良くきれいな道。箱根スカイラインより若干低速寄りでカーブに変化がある。CGでいう「いつものコーナー」があるのがこの峠。箱スカ>湖尻を経由して登っていくと、有名な「やぎさんコーナー」が左手にあり、早 朝からクルマ、バイクの展示会状態。

・通行料:250円
・交通量:箱根スカイラインと同じく、午前10時を過ぎるとファミリーカーが増えてき て、すぐに詰まる。気持ちよく走れるのは10時まで。走りにきているバイクも多いが、 こちらはクルマも多い。
[PR]

by stkic | 2008-06-02 23:53 | バイクいろいろ
2008年 06月 02日

関東 峠めぐり その3 箱根スカイライン

d0046316_23412696.jpg

フラットで路面状態がよく、曲率もわりと一定の中速コーナーがつづき、気持ちよく走れ る道。単調で面白みがないとも言えるかも。ただ景色は箱根のなかでも最高に素晴らしく 、視界が開けているので、天気がいいと空に飛び出すような爽快感。富士山もきれいに見 える。

・通行料:250円
・交通量:午前10時を過ぎるとファミリーカーが増えてきて、すぐに詰まる。気持ちよ く走れるのは10時まで。日曜の夕方も空いてるらしい。バイクの数は多いが、走りにきている人がほとんど。
[PR]

by stkic | 2008-06-02 23:42 | バイクいろいろ
2008年 06月 01日

関東 峠めぐり その2 湯河原パークウェイ

d0046316_22572228.jpg

曲がりが変化に富んでいて、道幅がとても広いので、ライン取りを考えながら走るのが楽しい道。センターポール、ペイントはありません。が、路面が荒れていてズルッときたり、うねりで飛ばされて荷重が抜けたり、ペースアップしてみると結構ワイルドな印象。それも含めて楽しい道です。景色はいまいち。

料金所は一番上に一ヶ所なので、下側の湯河原温泉街から入るのが吉。上から入る場合は320円。湯河原から箱根に抜ける道なので、ファミリーカーがちらほら。といっても伊豆スカ、箱根、芦ノ湖ほど多くはありません。道幅が広いので比較的抜きやすい。
[PR]

by stkic | 2008-06-01 22:59 | バイクいろいろ
2006年 05月 14日

四国野宿ツーリング~動画編

d0046316_23473981.jpg
FX01をクリップ三脚でハンドルに固定して、動画を撮ってきました。予想通り、手ぶれ補正と広角は動画に効きます。

動画フォーマットがmov形式なので、かなり重いです。スミマセン。ウインドウを大きくすると見やすいです。オススメ順にどうぞ。

狭小屈曲路マニアにはたまらない439線。GW真っ只中というのにこの交通量の少なさは四国ならでは。(69MB)

・下のエントリーの一枚目の竹林です。高知市内から海岸線に抜ける道。地図では立派な県道なんですが、実際はこんなんでした。(136MB)

・足摺岬手前の海岸線。瀬戸内とは対照的な荒涼とした海岸線。海に飛び出すようなワインディング。クルマが少なくて気持ちよく走れます。(28MB)

四万十川の沈下橋。水位が上がるとなくなってしまうそうです。(16MB)
[PR]

by stkic | 2006-05-14 00:08 | バイクいろいろ
2006年 05月 13日

四国野宿ツーリング~四万十川周辺

d0046316_0315262.jpg
[FX01]

d0046316_0331524.jpg
[*istDS + DA40mm]

d0046316_0333290.jpg
[*istDS + DA40mm] 土佐くろしお鉄道。とんでもない山奥を走る。のんびりと電車の旅もいいな

d0046316_0335165.jpg
[FX01]

d0046316_0341161.jpg
[FX01]土佐大正駅近くの定食屋にて。

d0046316_0343241.jpg
[*istDS + DA40mm]四万十川のほとりで野営しました。

時間が止まったような土佐大正の町でかつおのたたき定食。割烹着のお母さんが給仕してくれます。
八百屋みたいなスーパーで高校生がお菓子を買い、レジのおばちゃんに挨拶をしていました。
[PR]

by stkic | 2006-05-13 00:49 | バイクいろいろ
2006年 05月 12日

四国野宿ツーリング~徳島・高知

d0046316_017431.jpg
[FX01]

d0046316_0181583.jpg
[*istDS + DA40mm] 初日は安田川のほとりでテント泊。

d0046316_0194715.jpg
[FX01]

d0046316_0204052.jpg
[FX01]

d0046316_0211258.jpg
[*istDS + DA40mm]

d0046316_0213340.jpg
[*istDS + DA40mm] 高知市内はカラフルな路面電車がひっきりなしに通る。これは有名な「ごめん」行。

d0046316_0225356.jpg
[*istDS + DA40mm] 四国で初のうどん!高知ではあまりうどん屋は見かけない。

上陸して、まずは徳島から高知方面に南下し、時計回りに海岸沿いを走った。高知市内に入ったのは2日目のお昼。大都会が突然現れたように感じた。

人口規模としてはさほどの都市ではないが、関東近郊の地方都市のような、さびれた感じというか、あきらめた感じというか、がしない。誇りというと大げさだけど、高知が好きで、根を張って暮らしてるという雰囲気が活気として感じられる。関東のあたりでは感じない価値観というか。これは四国全体を通じてあって、新鮮に感じた。
[PR]

by stkic | 2006-05-12 00:33 | バイクいろいろ
2006年 05月 11日

四国野宿ツーリング~徳島着

写真たくさん撮ってきました。順を追ってつらつらとあげていきます。
d0046316_23544871.jpg
[FX01]
d0046316_23552395.jpg
[FX01]
d0046316_23555482.jpg
[FX01]
d0046316_23561113.jpg
[*istDS + DA40mm] 徳島港にて。夕方に出て翌日昼過ぎに到着します。

フェリーはとにかく辛かった^^;
18時間ゆらゆらと揺れ続けるのはもちろん、寝台船ということで、パジャマで歩き回る乗客や、さわがしい酒盛りの集団、いろんなものが入り混じったニオイなどなど。
特に二等寝台はヒドイ。ブタ小屋のような部屋の中で、たたみ一畳弱のエリアをいちおう与えられるが、薄汚れた毛布を渡されて、床に直接横になる。左隣で寝るオヤジはイビキがものすごく、右隣のにいちゃんはパンツ丸出しで、時おり腕を投げ出してくる。
とても眠れなかったので、甲板に座って寒いなか一晩中本を読んだ。ある意味忘れられない体験です。
[PR]

by stkic | 2006-05-11 00:11 | バイクいろいろ